スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOMIX 24系25形銀帯 5両入線

先日TOMIXの25形銀帯車をようやく入手しました。
私にとってブルトレと言えばやはりこの銀帯(ステンレス)ですね。

数年前に7両セットを購入後、単品で少しずつ増やしていったのが
ようやくフル編成組めるようになりました。
最新ロットはボディマウントカプラー対応になったほか、
室内の作りこみがさよなら銀河以降の現行水準になっています。
あと大変不評だった「転がり」も大分改善されているようです。

さて、今回はオハネ25を4両、オハネフ25を1両入手。
オハネは上記のとおり以前購入したものに加えてJR化直後の「はやぶさ」を再現する予定。

で、オハネフ25はちょっと加工を。。。
Hゴムを黒く塗り、JRマークのインレタを貼り、車番はオハネフ25-132。
晩年のあさかぜ、瀬戸用に付けられたジャンパ栓パーツを取り付け。
そしてテールマークは「銀河」。
「さよなら銀河」のバリエーション(オハネフ25-46の代用)とします。

1555940.jpg

1555947.jpg

1555959]

実車は晩年JR西日本宮原車両センターに所属しており、
銀河や日本海1、4号に使用されていました。
私が見たときは良く手入れされていてとてもきれいな状態でした。
実際にはステンレス帯ではなく銀テープになっていましたが、
登場当時の姿をほぼそのまま残していました。
残念ながら2008年に他の宮原の25形同様廃車となりました。

ohanefu25-132.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

tag : ブルートレイン 24系 はやぶさ 銀河

コメント

非公開コメント

おはようございます。

トレイントレインの方でも更新されてましたか?
最近全くアクセスしていないので、気が付きませんでした…

さて、この銀帯24系25形導入すべきか迷っております。
カトーがリニューアルするまで、気長に待つべきなのかどうかなんですけど、

最近、JR西のEF66が全滅した事を知って以降、テンションずっと降下中です。

Re: おはようございます。

天邪鬼さんおはようございます。
25形銀帯は1両もお持ちでないならKATOを気長に待ってみるのもよいかと思います。
TOMIXは何かと高くつくのでフル編成そろえると結構な額になりますので。
私はすでに10両ほど持っていたので買い足しました。
KATOはHOで25形0番台を出すようですね。来年こそはNのほうも期待します。

66はあるブログで読んだところでは、
1両がカットモデルとなり1両は静態保存ということでした。
西日本は懐事情がきびしいのでしょうか、もうトワイライトのようなイベント列車以外の機関車・客車はすべて手放したい感じですね。
東日本もそうならなければよいのですが。。。

迷ったすえ、購入しました

じつは私は前回リニューアル時に2セットと、単品を大量購入。
JR後の「富士」「はやぶさ」を心ゆくまで再現できるように仕立てました。
オハネフ25 0番台も購入し、当時鹿児島に在籍した車番にして、一人悦に入っていました。
オハネ、オハネフ25 100番台は国鉄末期に向日町から流れてきた元「あさかぜ」「瀬戸」「安芸」用車番もセレクトしています。
今回は購入を見送るつもりでしたが、自身への誕生日プレゼントと意味不明の理屈で、結局手にしました。
トミーの前宣伝通り、国鉄末期の「富士」「はやぶさ」をイメージしました。
インレタを見てがっかり。いまいちの内容。むしろJR後の姿を再現するのに都合がいい内容でした。
車番オタクの私は、欲しい番号を加工で自作しました。
後年のグレードアップや個室化改造で消えていった番号を多く揃えて楽しんでいます。
例えば、
オロネ25は「あさかぜ」用に改造された11を。
オハネ25は「なは」用個室種車になった124や、「あさかぜ」用デュエットに改造された219、222を設定してみたり。
オハネフ25はやはり「なは」用に改造された106を設定。
カニ24 100番台も揃え、バリエーションを味わえるようにもしています。金帯化されていった110をセレクト。
これらは過去の24系25形100番台や、「エルム」、今春に発売された「あさかぜ」セットなどから総動員しました。
オハネフは余分に買い求め、「富士」「はやぶさ」どちらも再現可能。
オハ24 700と、オハネ25 100を外し、代わりにオハネフ25 100を加えることで、1985年以前の姿も再現できます。

こういう気力があるのなら、室内灯取りつけや、他社から出ている内装パーツなどを試せば、文句のない最強版になるのでしょうが、そんなところまでは及ばないのです。

ここで裏話。

件のオハネフ25 132ですが、JR化後、個室車が組み込まれるようになってからは、「瀬戸」「あさかぜ」の1号車限定使用だったはずです。130,131とともに1990年に方転改造を受けています。
また、2006年3月以降、「銀河」2号車がオハネフ25に変更されましたが、基本使用は133,140,150で、私が調査した範囲では、ついぞ132は2号車に入らなかった記憶があります。この133,140,150は「日本海」に入ることも、結局なかったようです。

トミーのブルトレは、フルで揃えるにはそれこそ目玉の飛び出る額が要求されます。
私は、もういくら払ったことか。軽く10万円は超えています。ビョーキですね。
全ては、好みの番号をチョイスできることに尽きます。

赤マントさんこんばんは

オハネフ25-0番台は国鉄時代から品川の所属にはいなかったので
東京発のブルトレとは無縁な感じがしましたね。
JR化後にはやぶさや富士で使われていたという事実は最近知りました。
実は私もオハネフ25-0.番台がほしいのですが残念ながら市場には出回っていませんので再発を待っています。
私は末期の銀河オタクなので、宮原所属の車両を田端PFとともに網羅したいところですね。
まぁ経済的に無理な話ですが。。。
それにしてもKATOから25形銀帯車、65PFがリニューアルされることを切に願います。

こんかいのリニューアルでは

インレタに元、品川在籍車だけでなく、向日町、広島、下関配置車番号まで幅広く網羅しています。
とくに広島、下関配置車の番号は「瀬戸」廃止後、宮原に転じた番号が多く、明らかに「日本海」「銀河」の再現も視野に入れた企画ですね。充分、末期の「銀河」を再現できます。
ただ、前回リニューアルから気になっていた、実在しない「オロネ24 104」車番は、なんとかしてもらいたかったのですが。
25形100番台で統一された編成はやはりかっこいいですが、意図的に0番台を混在させた編成を組むのも、楽しいものです。
「銀河」は1992年頃までを意識した0番台のみの編成と、半ば使用車両が固定されていた2001~2006年春頃の編成、さらに「さよなら銀河」と、都合三態が手許にあります。
最もこだわりが強いのは0番台編成で、後年「彗星」に転用された車番も選んでいます。
とにかく金がかかりましたが、存分に楽しめました。
カトーは近年、列車名を決めてモデル化してくる傾向にあります。
14系「さくら」は好評だったようですから、もちろん25形100番台最盛期のことは考えているでしょう。
HOで予告された25形0番台は、その呼び水ではないかと期待しています。

0番台銀河

0番台の銀河はかつてマイクロエースが商品化していましたね。
12両という長い編成で、しかも電源車はカヤ24でした。
私がこの世界に復帰したころにはすでに手に入らない状態でした。
TOMIXにもラインナップされているので再発されないかなと以前から期待しているのですが。。。
0番台は東京口ブルトレ中心主義だった私にはあまりなじみがなかったはずなのに
なぜかとても魅かれる存在なんです。
プロフィール

ginga55

管理人:銀河

» こちらをご覧ください。

関連サイト
こちらも是非ご覧ください。
ブルートレイン掲示板

本家サイトバナー

鉄道模型コミュニティサイト・トレイントレインバナー
お友達リンク
鳥飼西基地

鉄道模型コミュニティサイト「トレイントレイン」でお友達になったしんすけさんのサイトです。懐かしい写真満載!

» 天邪鬼さんの「slow lifeで行こう!」

» UCCさんの「鉄道模型工作日記」

» 1500masaさんの鉄馬と鉄道

» Kata改の雑記帳

» 本宮機関区運行日誌

» 鉄道模型大好き人のいろいろ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
pictlayer
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。